« オープンキャンパス | トップページ | またまた突発性難聴・・・右耳が・・・・・ »

面接中

今、研究所ではスタッフの面接中です・・・ポートフォリオをもとに、前半期の評価をお互いにしているところです。今年度のポートフォリオは着々と進んでおり、ステップ2に突入です。もう12月に報告できるメンバーもいるくらいです。

 昨日のミーティングでもお多福の「ターミナルケア」についてみんなの意見を聞きました。私も講演などでターミナルケアについてお話させていただいておりますが、身近に悩んでいるスタッフがいたのですsad不安になる、ご本人にとって心地よい場所はどこだろう、逃げ出したくなる、お多福の限界も知るべきだ・・・でも一方お多福で過ごしてもらいたい、ご本人にとって心地よい場所にしていきたいなど。気持ちが揺れています。当然です。80年、90年この社会を築き上げてきた方たちの最後の舞台cherryblossomその幕引きの役割です。黒子になって厳かに幕を引くためには、幕を引きたくないと感じる人、幕を突然引けといわれたくない人と気持ちは揺れます。だからこそ、みんなで語り合い、確認しあい、経験したことのない死について考えなければならないかと思います。未知の世界のなかでケアしている者にとって、正しいのはこれという確実さがないために、揺れます。当たり前のことです。でも自分自身のやさしい気持ちを信じましょう。それがお年寄りにとってはなにより安心だと思います。

 お盆になりました。私も元夫の新盆です。11日にお墓詣りと新盆を済ませました。ただ元夫の帰る場所がないのです。家族で住んでいた家は今は空き家。あとはそれぞれの子どもたちは結婚したり、働いたりでバラバラです。元夫はどこに帰るのでしょうか???長女が提灯と茄子ときゅうりを用意すると言っていました。そばでお見送りをしたのも長女。長女のところに帰ってくれるといいのですが。きゅうりは馬にたとえ、ナスは牛にたとえるということです。とにかく早く家族のもとにキュウリに乗って帰ってきて、帰りは牛に乗り、ゆっくりと別れを惜しみながら帰るんだそうです・・・・元夫、改めて早く逝きすぎだよcrying

|

« オープンキャンパス | トップページ | またまた突発性難聴・・・右耳が・・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めてのコメントです。
Fbでも,いつもUPを楽しみに読ませて頂いてます。

ターミナルケア... 私にとっても,永遠のテーマな気がします。
昨年の認知症ケア研究所研究内容にもターミナルcareに関するテーマが開催されたんですね。とても興味深いです。
高齢者,認知症患者さんの終末期,end of life care について、今後長期的に研究をしていき careの在り方について考えていきたいと強く思っています。
今は病棟ナースですが、進学に向けて準備中です。
最近,新たに六角先生の文献を入手し,読み進める中、先生のメッセージから,認知症看護・老年看護への強い思いが より 深められています。目標に向かって前進していきたいと思います。
今後もよろしくお願いいたします。

投稿: toyoko matsuda | 2013年1月14日 (月) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222740/55412062

この記事へのトラックバック一覧です: 面接中:

« オープンキャンパス | トップページ | またまた突発性難聴・・・右耳が・・・・・ »